忘れやすい日々のための映画ブログ

忘れっぽいので、過ごした日々・趣味の時間を大切にしていきます。

信頼関係の映画/ハンターキラー潜航せよ

レイトショーで鑑賞。客層は20代と40代後半の会社帰りと思しきカップル。

50代夫婦、50代男性3名、私の合計8名。

 

結論から言うとこれは信頼の映画である。

信頼関係がひたすら築かれる様、築かれた信頼関係に助けられる様を120分間、

中弛みなく、2回も前のめりになりながら、楽しめる良作だ。

 

「そこは音だけが見える戦場」というキャッチコピーがめちゃかっこいいし、

海外版のも「START A BATTLE TO WIN A WAR」って書いてあったので、戦闘押しの展開を想像させている。が、映画の焦点がそこじゃなかったと感じた。

ハンターキラー潜航せよ

ハンターキラー潜航せよ



ストーリーは簡潔で、ロシアの悪い奴をアメリカの良い海軍とロシアの良い海軍が協力して倒す、というもの。

攻撃型原子力潜水艦ハンターキラー×ネイビーシールズが強力タッグ
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。
ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。(公式サイトより)

「そんなS級の技、本当にできるのかよ??」と、思わずツッコミたくなるシーンはいくつかあるわけだが、それでも最後は目頭が熱くなる「信頼関係」を観ることができる。

派手な爆発も銃撃もあるわけだが、信頼関係を築くための1対1の対峙シーンがそれなりに多い。

副長と艦長、特殊部隊の隊長と新人、NSA職員と統合参謀本部少佐、アメリカとロシアの艦長同士・・・。

状況が状況だけにほぼ全員思ったことを口にするが、これがまた無駄がなくて良い。信頼を築くにはお互いに腹を割って話をするのが大切だと言うことだろう。と勝手に思った。

ドンパチだけじゃない、信頼の映画が「ハンターキラー潜航せよ」の正体。

15時17分、パリ行き/君はAKに突撃できるか?

この映画を一言で言うと、「そんなことあるわけない」の連続なんです。

映画としてみたら興ざめシーンで成り立たない。でも実話なんです。

事実は小説より奇なりと言った人をあらためて尊敬する、そんな映画です。

 

実話の映画化なのですが、リアルタイムでニュースを読んでおり、
「パリ行き列車に米兵が居合わせて未然に防ぐという」まさに映画のような話で、当時は「そんなことあるのか」と驚いた記憶があります。日本で海外の兵隊さんが偶然電車に乗り合わせて、テロを未然に防いだと考えると奇跡のように思えます。
それから少し経ったころに「クリント・イーストウッドが映画化」という記事を見かけました。
そのまた後に「知るべきではなかった本作に関する情報」を知ってしまうのです。

1行目に書いた理由以外でなぜ観に行ったのかというと、
「実話ベースの話をどうやって引き伸ばすのか」というのを観てみたかったからです。
尺自体は94分と長くはありませんが、実際の出来事はそんなに長くはなかったと記憶していました。

映画自体はテロを防いだ3人の主人公たちの幼少期から始まり、成人してからはロード・ムービーになります。幼少時はなぜか「バタフライ・エフェクト」を思い出しながら観ており、ロード・ムービーは「ビフォア・サンライズ」のようで楽しめました。途中途中に列車のテロシーンを挿入してきます。
「これ、ロード・ムービーじゃないよ」というクリント・イーストウッドからのメッセージだと思って観てました。


幼少期の主人公たちは優秀というより問題児扱いをされていました。3人のうちの1人、スペンサーは進行があるようで「私を平和の道具として使って下さい」と祈っているシーンがあります。
スペンサーとスカラトスの2人は軍隊に入隊しますが、事件で活躍したスペンサーは本来なりたかった「パラレスキュー」という仕事には就けません。軍隊でも落第した人が集まる部署に入隊させられます。そこでもいまいち評価を受けません。にも関わらず、事件を防ぐわけです。

 

旅の最後に訪れる列車シーンは圧巻でした。なぜかっていつの間にか彼らと旅をするその列車の乗客気分になっているからです。その前に流されているロード・ムービーが効いているんだと思います。「ビフォア・サンライズ」のようなカップルのストーカー的視点ではなく、4人目の友達的な視点なのでなおさらです。
まず最初にAK47持ったテロリストに立ち向かった最初の人に拍手を贈ります。咄嗟のこと、ではありますが、逃げるって言う選択肢もあったと思うんです。でも立ち向かう。これは少なくとも私にはできることではないです。で、背後から拳銃で銃撃を受けます。慌てて逃げ惑う人たち。
そして3人、というか実施的にはスペンサーの出番です。
奇跡その1
突進したスペンサーに銃を向けますが、AKがジャムって弾がでなくなります。
これはもはや奇跡です。でもね、AKに突撃できます? しかも列車の中ですよ。通路1本しかないよ。外しようがないやん。座席なんて余裕で弾貫通するし、とかって考えて絶対動けないと思うんですよ。でもね、スカトラスの「いけスペンサー!」的な掛け声で突進するんです。これほんとすごい。心臓が少し止まった。映画なら「そんなことあるわけない」なシーンですが、事実なんですよね。
奇跡その2
で、もみ合ったタイミングで重なるように座席の上に倒れ込みます。下になったスペンサーの頭に向けて、テロリストが拳銃を突きつけて引き金を引くのですが、直前に何か外れたのか、はたまたジャムったかでまた弾が出ない。こんなことありますか。「あー、スペンサー死んだなー」となるところで死なない。これも映画なら「そんなことあるわけない」なシーンですが、事実なんですよね。
奇跡その3
犯人はナイフでスペンサーのクビを切りつけ始めます。何度も何度も執拗に切りつけてきますが、頸動脈は無事でした。

スペンサーにとっては3つの奇跡が重なったというわけです。
乗客にとってはスペンサーがいたという奇跡。「奇跡4つ入りましたー!!」的にここまで奇跡が重なると奇跡の暴落が起きそうです。

そしてオランド大統領に表彰されるんですけど、ここで冒頭で話しをした、私が「知るべきではなかった情報」を知らない人は1,800円の鑑賞券のうち、800円分くらいの驚きを味わいます。
なんと映画に出ていたのは本人たちなのです。私はニュースで知っていました。だから1,100円で観れる映画の日に観に来たんです。
みんなフランスで表彰され、アメリカでもパレードを受けます。こういうみんなで褒め称える感じいいなーと、サドラーはラッキーだな!という感想を持ちつつ映画が終わります。

 

 

Taking Chance

amazon primeにあったHBO2009年製作の77分間の映画作品。

以下映画.comの作品解説。

ミスティック・リバー」のケビン・ベーコンが、戦死したアメリカ兵の遺体を故郷へ届ける海兵隊員を演じ、ゴールデングローブ賞テレビ映画部門の主演男優賞を受賞したヒューマンドラマ。イラクの戦場から帰国し、内勤の任務に就いている海兵隊員マイケル。ある日、イラクでの戦死者リストの中にチャンスという同郷の若者の名前を見つけたマイケルは、彼の遺体をワイオミング州の家族のもとへ移送する任務に志願する。遺体は専門家たちによって丁寧に清められ、遺品とともに棺に納められる。マイケルはチャンスに対して心からの敬意を払いながら、飛行機や車を乗り継いでワイオミングを目指す。

 

予告編は以下より。2009年の作品のため、公式を見つけられず。

www.youtube.com

 

 

ちょっと暗い映画なのかなと思いつつも、Amazonレビューが好評価だったので、観てみることに。

 

結論として、観ているあいだに心が洗われて4回くらい涙が自然と流れてきました。

チャンス一等兵が家族の待つワイオミングに還るまで、ストロボル中佐(ケビン・ベーコン)が遺体に付き添う話。ドンパチは一切ありません。

 

ラストの方で家族に会い、チャンス一等兵の私物を渡すシーンでの会話にこの映画が集約されています。

「まず最初に知って頂きたいのは、道中、彼は常に威厳と敬意を持って運ばれてきたことです。大勢の人が彼の死を悼んでいます。ヴァージニアに始まり、デラウェアペンシルベニアミネソタ、モンタナ、ワイオミング。

皆があなた方を思い、祈りを捧げています。チャンスは多くの人々の心を打ちました。

First I want you all that all the long way,Chance was treated with dignity ,respect and honor.

All cross America, from Virginia, Delaware, Minnesota, Montana, Wyoming,

people are thinking of you and praying for you.

You should know that Chance has touched many people.」

 

劇中では、ストロボル中佐の役割に対して「護衛(escort)」という言葉が使われます。決して「輸送の付き添い」ではなく。家に還るまでの「護衛(escort)」。

この映画の中に登場するアメリカ国民はチャンス一等兵の死を様々な方法で悼みます。

 

この映画、最後のエンドロールで実話だと知らされたのですが、チャンス一等兵の幼少の写真が出て来て、ここでも涙腺崩壊です。

すべての役者さんの演技がごく自然で、自分がまるでそこにいるかのように、感じられます。

生きていることに感謝を。と思わずにはいられなくなりました。

生き残れない/ダンケルク

まずもってクリストファー・ノーラン作品であるので映画館に行くべきであり、同時にIMAXで観るべき映画。この監督がIMAXフィルムでわざわざ撮影されているという事実を踏まえれば、2,000円以上払っても観る価値がある(日本のIMAX劇場規格云々は置いておく)。

 

冒頭5分くらい経過したシーンから一気に引き込まれた。

あとはある意味流れに身を任せるだけ。

自分だったらどうするか?と重ね合わせながら観るというのもありだろう。

 

ひとつだけ頭に入れておきたいのは、時間軸が3つあること。

「1時間」「1日」「1週間」。これだけ理解していれば、混乱せずに済む。

 

ドイツ兵の顔は一切出てこなかった。

代わりに出てくるのは、銃弾、戦闘機、空爆、魚雷。

見えない敵と戦う恐怖が、最も人を追い込む。

英語勉強とTOEIC860点

 

昨年5月の某スタートアップイベントでの出来事から英語の勉強を開始。

半年の勉強でTOEIC775→860点までアップした。

そもそも2016年以前に受験したTOEICは、社会人4年目2012年が最後の受験で、MAX680点。

 

▼やったこと

・オンライン英会話を6月からほぼ毎日

・会話系の本を数冊

TOEIC対策本を数冊

TOEICは英語のテストというより、集中力テストです。

 

▼時系列

正直800点とか取れると思ってなかった。流れとしては下記。

 

2016年5月スタートアップイベントでショッキングな出来事

6月よりオンライン英会話開始

7月にTOEIC受験で775点→仕事上の会話は難ありだが、話すことに抵抗感なし

9月?にスピーキング、ライティング受験。双方130点。

12月に860点→仕事上の会話は自分的には難ありだが、普通に会話できるように。突然出会った外人ともスモールトークできるように。

オンライン英会話の講師が「TOEICなにそれ?」ということで受験ストップ。

2017年4月→会話の上達を感じないので、映画などを1本書き取りして、ひたすら話そうと試みている。

 

▼感想

・世間的にはTOEICディスが激しいのですが、個人的には集中力と英語力の指標にしておりました。

・重要なのは話す内容のストックをいくつか持っておくことかなと。

・職場の英語圏の人が「日本語を使うときは謙虚な気持ちになるが、英語のときはアグレッシブになる自分がいる」

と話をしていたのが面白かった。

・今後は認知度もあるTOEFLに切り替えていきたい

 

▼わからないこと

・どんな英語の本が上達のために良いのか未だに良くわからないけれど、

文法書でありながら、話すときはこんな感じに使うんだよ!と説明してくれる本が欲しい。

asとか意味がありすぎるので、asの用法という切口で説明してくれる本も欲しい。

 

 

言葉だから毎日話すことが重要ですよね。

 

 

1年経過

福岡に引っ越して来てから1年が経過した。

道は平らで家賃はそこそこ安い。30平米で築年数はほぼ同じで盛岡65,000円、福岡59,000円。

飯もうまい。女の子もかわいい。仕事も楽しい。

 

しかし大都会だけあって、盛岡に住んでいた時より映画館が遠い。

電車10分+徒歩10分で映画館に着くが、盛岡在住のときは自転車3分+徒歩1分で、コンビニ行くノリで映画館に行けた。

盛岡では1日に3本映画を観ていたが、福岡では半年に1回くらいになった。DVDも観なくなった。

 

なぜなのか。俺は何をしているのか。

 

▼盛岡 

・映画鑑賞

・勉強(FP、簿記取得)

・筋トレ

 

▼福岡

・勉強(英語、行政書士、プログラミング)

・筋トレ

 

▼変更点

行政書士は7月末から3ヶ月ほどガチンコで勉強したが、いかんせん基礎がないので、本番は4割で玉砕。

・英語はTOEICが700後半から800後半まで伸びた。スピーキング&ライティングは130点程度。

 なおTOEICは日本人しか知らず、世界的に認知がない。あまり意味がないのでTOEFLの試験に切り替えて行く。

・プログラミングはphpをやっているが、今ひとつ理解できていない。勉強中。

 

充実はしていると思う。

が、たまに東北に戻りたくなる。不思議なのもだ。

ボーダーライン/メキシコ麻薬戦争@国境

2ヶ月ぶりにちゃんと映画を観た。

ずっと観たかった「スポットライト」「エンドオブキングダム」「ボーダーライン」の3本立て。どれもすごく良かった。最初の2本はある種の爽快感もあった。「エンドオブキングダム」なんて、前作を余裕で超えてきた。製作裏話でもジェラルドバトラーが「前作超えるの作らなきゃいけなくて大変だった」と言っていたけど、ちゃんと超えてたよ!と拍手を送りました。

 

でも「ボーダーライン」には久々に圧倒的な虚脱感を感じた。

 

本作はストーリーもさることながら、そのカメラワークと音楽でずっと緊張感を保ち続ける。家でDVDで観ているのに、映画館並みに身体に力が入る映画ってのはなかなかない。そんな名作です。

 

サスペンス要素の強いグロありアクション映画といったところでしょうか。

観ている側は日常的に殺人が行われている空間に放り込まれます。

うまい具合に何が起きているのかわからない。けれど目の前で確実に人が死んで、物事が進んで行く。そう言ったもどかしさとハラハラを感じます。

最後のシーンは何とも言えない気持ちになります。

日本てほんとうにほんとうに平和だとつくづく思いました。