忘れやすい日々のための映画ブログ

忘れっぽいので、過ごした日々・趣味の時間を大切にしていきます。

15時17分、パリ行き/君はAKに突撃できるか?

この映画を一言で言うと、「そんなことあるわけない」の連続なんです。

映画としてみたら興ざめシーンで成り立たない。でも実話なんです。

事実は小説より奇なりと言った人をあらためて尊敬する、そんな映画です。

 

実話の映画化なのですが、リアルタイムでニュースを読んでおり、
「パリ行き列車に米兵が居合わせて未然に防ぐという」まさに映画のような話で、当時は「そんなことあるのか」と驚いた記憶があります。日本で海外の兵隊さんが偶然電車に乗り合わせて、テロを未然に防いだと考えると奇跡のように思えます。
それから少し経ったころに「クリント・イーストウッドが映画化」という記事を見かけました。
そのまた後に「知るべきではなかった本作に関する情報」を知ってしまうのです。

1行目に書いた理由以外でなぜ観に行ったのかというと、
「実話ベースの話をどうやって引き伸ばすのか」というのを観てみたかったからです。
尺自体は94分と長くはありませんが、実際の出来事はそんなに長くはなかったと記憶していました。

映画自体はテロを防いだ3人の主人公たちの幼少期から始まり、成人してからはロード・ムービーになります。幼少時はなぜか「バタフライ・エフェクト」を思い出しながら観ており、ロード・ムービーは「ビフォア・サンライズ」のようで楽しめました。途中途中に列車のテロシーンを挿入してきます。
「これ、ロード・ムービーじゃないよ」というクリント・イーストウッドからのメッセージだと思って観てました。


幼少期の主人公たちは優秀というより問題児扱いをされていました。3人のうちの1人、スペンサーは進行があるようで「私を平和の道具として使って下さい」と祈っているシーンがあります。
スペンサーとスカラトスの2人は軍隊に入隊しますが、事件で活躍したスペンサーは本来なりたかった「パラレスキュー」という仕事には就けません。軍隊でも落第した人が集まる部署に入隊させられます。そこでもいまいち評価を受けません。にも関わらず、事件を防ぐわけです。

 

旅の最後に訪れる列車シーンは圧巻でした。なぜかっていつの間にか彼らと旅をするその列車の乗客気分になっているからです。その前に流されているロード・ムービーが効いているんだと思います。「ビフォア・サンライズ」のようなカップルのストーカー的視点ではなく、4人目の友達的な視点なのでなおさらです。
まず最初にAK47持ったテロリストに立ち向かった最初の人に拍手を贈ります。咄嗟のこと、ではありますが、逃げるって言う選択肢もあったと思うんです。でも立ち向かう。これは少なくとも私にはできることではないです。で、背後から拳銃で銃撃を受けます。慌てて逃げ惑う人たち。
そして3人、というか実施的にはスペンサーの出番です。
奇跡その1
突進したスペンサーに銃を向けますが、AKがジャムって弾がでなくなります。
これはもはや奇跡です。でもね、AKに突撃できます? しかも列車の中ですよ。通路1本しかないよ。外しようがないやん。座席なんて余裕で弾貫通するし、とかって考えて絶対動けないと思うんですよ。でもね、スカトラスの「いけスペンサー!」的な掛け声で突進するんです。これほんとすごい。心臓が少し止まった。映画なら「そんなことあるわけない」なシーンですが、事実なんですよね。
奇跡その2
で、もみ合ったタイミングで重なるように座席の上に倒れ込みます。下になったスペンサーの頭に向けて、テロリストが拳銃を突きつけて引き金を引くのですが、直前に何か外れたのか、はたまたジャムったかでまた弾が出ない。こんなことありますか。「あー、スペンサー死んだなー」となるところで死なない。これも映画なら「そんなことあるわけない」なシーンですが、事実なんですよね。
奇跡その3
犯人はナイフでスペンサーのクビを切りつけ始めます。何度も何度も執拗に切りつけてきますが、頸動脈は無事でした。

スペンサーにとっては3つの奇跡が重なったというわけです。
乗客にとってはスペンサーがいたという奇跡。「奇跡4つ入りましたー!!」的にここまで奇跡が重なると奇跡の暴落が起きそうです。

そしてオランド大統領に表彰されるんですけど、ここで冒頭で話しをした、私が「知るべきではなかった情報」を知らない人は1,800円の鑑賞券のうち、800円分くらいの驚きを味わいます。
なんと映画に出ていたのは本人たちなのです。私はニュースで知っていました。だから1,100円で観れる映画の日に観に来たんです。
みんなフランスで表彰され、アメリカでもパレードを受けます。こういうみんなで褒め称える感じいいなーと、サドラーはラッキーだな!という感想を持ちつつ映画が終わります。

 

 

Taking Chance

amazon primeにあったHBO2009年製作の77分間の映画作品。

以下映画.comの作品解説。

ミスティック・リバー」のケビン・ベーコンが、戦死したアメリカ兵の遺体を故郷へ届ける海兵隊員を演じ、ゴールデングローブ賞テレビ映画部門の主演男優賞を受賞したヒューマンドラマ。イラクの戦場から帰国し、内勤の任務に就いている海兵隊員マイケル。ある日、イラクでの戦死者リストの中にチャンスという同郷の若者の名前を見つけたマイケルは、彼の遺体をワイオミング州の家族のもとへ移送する任務に志願する。遺体は専門家たちによって丁寧に清められ、遺品とともに棺に納められる。マイケルはチャンスに対して心からの敬意を払いながら、飛行機や車を乗り継いでワイオミングを目指す。

 

予告編は以下より。2009年の作品のため、公式を見つけられず。

www.youtube.com

 

 

ちょっと暗い映画なのかなと思いつつも、Amazonレビューが好評価だったので、観てみることに。

 

結論として、観ているあいだに心が洗われて4回くらい涙が自然と流れてきました。

チャンス一等兵が家族の待つワイオミングに還るまで、ストロボル中佐(ケビン・ベーコン)が遺体に付き添う話。ドンパチは一切ありません。

 

ラストの方で家族に会い、チャンス一等兵の私物を渡すシーンでの会話にこの映画が集約されています。

「まず最初に知って頂きたいのは、道中、彼は常に威厳と敬意を持って運ばれてきたことです。大勢の人が彼の死を悼んでいます。ヴァージニアに始まり、デラウェアペンシルベニアミネソタ、モンタナ、ワイオミング。

皆があなた方を思い、祈りを捧げています。チャンスは多くの人々の心を打ちました。

First I want you all that all the long way,Chance was treated with dignity ,respect and honor.

All cross America, from Virginia, Delaware, Minnesota, Montana, Wyoming,

people are thinking of you and praying for you.

You should know that Chance has touched many people.」

 

劇中では、ストロボル中佐の役割に対して「護衛(escort)」という言葉が使われます。決して「輸送の付き添い」ではなく。家に還るまでの「護衛(escort)」。

この映画の中に登場するアメリカ国民はチャンス一等兵の死を様々な方法で悼みます。

 

この映画、最後のエンドロールで実話だと知らされたのですが、チャンス一等兵の幼少の写真が出て来て、ここでも涙腺崩壊です。

すべての役者さんの演技がごく自然で、自分がまるでそこにいるかのように、感じられます。

生きていることに感謝を。と思わずにはいられなくなりました。

生き残れない/ダンケルク

まずもってクリストファー・ノーラン作品であるので映画館に行くべきであり、同時にIMAXで観るべき映画。この監督がIMAXフィルムでわざわざ撮影されているという事実を踏まえれば、2,000円以上払っても観る価値がある(日本のIMAX劇場規格云々は置いておく)。

 

冒頭5分くらい経過したシーンから一気に引き込まれた。

あとはある意味流れに身を任せるだけ。

自分だったらどうするか?と重ね合わせながら観るというのもありだろう。

 

ひとつだけ頭に入れておきたいのは、時間軸が3つあること。

「1時間」「1日」「1週間」。これだけ理解していれば、混乱せずに済む。

 

ドイツ兵の顔は一切出てこなかった。

代わりに出てくるのは、銃弾、戦闘機、空爆、魚雷。

見えない敵と戦う恐怖が、最も人を追い込む。

英語勉強とTOEIC860点

 

昨年5月の某スタートアップイベントでの出来事から英語の勉強を開始。

半年の勉強でTOEIC775→860点までアップした。

そもそも2016年以前に受験したTOEICは、社会人4年目2012年が最後の受験で、MAX680点。

 

▼やったこと

・オンライン英会話を6月からほぼ毎日

・会話系の本を数冊

TOEIC対策本を数冊

TOEICは英語のテストというより、集中力テストです。

 

▼時系列

正直800点とか取れると思ってなかった。流れとしては下記。

 

2016年5月スタートアップイベントでショッキングな出来事

6月よりオンライン英会話開始

7月にTOEIC受験で775点→仕事上の会話は難ありだが、話すことに抵抗感なし

9月?にスピーキング、ライティング受験。双方130点。

12月に860点→仕事上の会話は自分的には難ありだが、普通に会話できるように。突然出会った外人ともスモールトークできるように。

オンライン英会話の講師が「TOEICなにそれ?」ということで受験ストップ。

2017年4月→会話の上達を感じないので、映画などを1本書き取りして、ひたすら話そうと試みている。

 

▼感想

・世間的にはTOEICディスが激しいのですが、個人的には集中力と英語力の指標にしておりました。

・重要なのは話す内容のストックをいくつか持っておくことかなと。

・職場の英語圏の人が「日本語を使うときは謙虚な気持ちになるが、英語のときはアグレッシブになる自分がいる」

と話をしていたのが面白かった。

・今後は認知度もあるTOEFLに切り替えていきたい

 

▼わからないこと

・どんな英語の本が上達のために良いのか未だに良くわからないけれど、

文法書でありながら、話すときはこんな感じに使うんだよ!と説明してくれる本が欲しい。

asとか意味がありすぎるので、asの用法という切口で説明してくれる本も欲しい。

 

 

言葉だから毎日話すことが重要ですよね。

 

 

1年経過

福岡に引っ越して来てから1年が経過した。

道は平らで家賃はそこそこ安い。30平米で築年数はほぼ同じで盛岡65,000円、福岡59,000円。

飯もうまい。女の子もかわいい。仕事も楽しい。

 

しかし大都会だけあって、盛岡に住んでいた時より映画館が遠い。

電車10分+徒歩10分で映画館に着くが、盛岡在住のときは自転車3分+徒歩1分で、コンビニ行くノリで映画館に行けた。

盛岡では1日に3本映画を観ていたが、福岡では半年に1回くらいになった。DVDも観なくなった。

 

なぜなのか。俺は何をしているのか。

 

▼盛岡 

・映画鑑賞

・勉強(FP、簿記取得)

・筋トレ

 

▼福岡

・勉強(英語、行政書士、プログラミング)

・筋トレ

 

▼変更点

行政書士は7月末から3ヶ月ほどガチンコで勉強したが、いかんせん基礎がないので、本番は4割で玉砕。

・英語はTOEICが700後半から800後半まで伸びた。スピーキング&ライティングは130点程度。

 なおTOEICは日本人しか知らず、世界的に認知がない。あまり意味がないのでTOEFLの試験に切り替えて行く。

・プログラミングはphpをやっているが、今ひとつ理解できていない。勉強中。

 

充実はしていると思う。

が、たまに東北に戻りたくなる。不思議なのもだ。

ボーダーライン/メキシコ麻薬戦争@国境

2ヶ月ぶりにちゃんと映画を観た。

ずっと観たかった「スポットライト」「エンドオブキングダム」「ボーダーライン」の3本立て。どれもすごく良かった。最初の2本はある種の爽快感もあった。「エンドオブキングダム」なんて、前作を余裕で超えてきた。製作裏話でもジェラルドバトラーが「前作超えるの作らなきゃいけなくて大変だった」と言っていたけど、ちゃんと超えてたよ!と拍手を送りました。

 

でも「ボーダーライン」には久々に圧倒的な虚脱感を感じた。

 

本作はストーリーもさることながら、そのカメラワークと音楽でずっと緊張感を保ち続ける。家でDVDで観ているのに、映画館並みに身体に力が入る映画ってのはなかなかない。そんな名作です。

 

サスペンス要素の強いグロありアクション映画といったところでしょうか。

観ている側は日常的に殺人が行われている空間に放り込まれます。

うまい具合に何が起きているのかわからない。けれど目の前で確実に人が死んで、物事が進んで行く。そう言ったもどかしさとハラハラを感じます。

最後のシーンは何とも言えない気持ちになります。

日本てほんとうにほんとうに平和だとつくづく思いました。

怒り/信じる=向き合うことの難しさ(ネタバレあり)

「悪人」の内容がドハマリしたこともあり、非常に期待していた作品。

 

以下あらすじ。

吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來松山ケンイチ広瀬すず綾野剛宮崎あおい妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.com)

www.youtube.com

 

結論、良い。泣いた(たぶんラスト20分)。

 

デート用かと言えばそうでないとも言えるし、そうだとも言える。

楽しさを求めるのであればオススメできないが、内容について議論が出来る相手であれば非常にオススメ出来る作品。

 

キャストの演技力の凄まじさは言うまでもなく一級品です。 

 

 

以下ネタバレ感想です。

 

 

 

 

この作品の言いたかったことは、(愛する人でさえも)信頼する=向き合うって難しい、ということかなと。

信じても救われないことがほとんど。けれど、信じることでしか救われない、ということ。

そして信じられなかったとき、裏切られたときの感情は怒りとして自分の中に生まれるということなのかと。

 

この作品は家族、恋人、友人という自分の身の回りの信頼を揺さぶってくる。

 

本編は以下3つのストーリーの入れ替わり展開で進行する。

千葉編=家族、恋人:渡辺謙宮崎あおい松山ケンイチ池脇千鶴

東京編=恋人:妻夫木聡綾野剛

沖縄編=友人:森山未來広瀬すず、佐久本宝

 

▼発端

八王子で夫婦が何者かに惨殺される。そして現場には「怒」の血文字が発見される。

犯人は見つかっておらず、モンタージュが公開される。その写真は松山ケンイチ綾野剛森山未來に見える。

物語の進行中に追加情報として、整形手術を施しているという情報が明かされる。

つまり誰が犯人でもおかしくない状態で観客は物語を観ることになる。

 

▼千葉編

元風俗店で働いていた宮崎あおい。その父親で漁師?の渡辺謙渡辺謙を手伝う素性不明の松山ケンイチ

同世代だからか、松山ケンイチと仲良くなる宮崎あおい。「一緒に住む」と娘は幸せそうに言う。

しかし渡辺謙は心のどこかで娘が幸せになれると信じていない。それを「自分の娘が幸せになれると思っていないでしょ」と池脇千鶴に指摘される。

同棲を始めた松山ケンイチ宮崎あおいを信じ、自分の過去を全て伝える。

それから少しして、八王子事件がテレビで流れる。

松山ケンイチ宮崎あおいに八王子の事件のことも知っているが、自分ではないと伝える。

でも結局、宮崎あおいは警察に通報する。信じきれなかった? 信じていたから通報した? わからない。

とにかく松山ケンイチは信じて、裏切られた。警察から松山ケンイチは犯人ではないと回答を受けた時、渡辺謙は崩れ落ち、宮崎あおいは壊れそうなほどに号泣(=信じられなかった自分への怒り?)する。

f:id:STK1985:20160920000147j:plain

※出典:映画.com(怒り : 作品情報 - 映画.com

数日後。松山ケンイチから1本の電話が来る。

「連絡するつもりはなかったんですけど」。

一度裏切られたのに、彼はまた信じることにしたのだ。

通報した直後、宮崎あおいは泣きながら「40万円。貯金全部を彼の鞄の中に入れたの」と渡辺謙に言う。それは彼への愛だったのだろうか。彼への愛=信頼が伝わったのだろうか。

新幹線で千葉に戻る道中、信じた者(松山ケンイチ)と、信じてもらえた者(宮崎あおい)、その2人の表情には安堵の色が窺えた。安堵とは信頼から生まれるものなのかなと感じた。

f:id:STK1985:20160920000229j:plain

※出典:映画.com(怒り : 作品情報 - 映画.com

 

▼東京編

妻夫木聡はゲイの集まる店で素性不明の綾野剛と出会う。出会いは強引なセックスから始まる。それから行くあてがないという綾野剛はなんとなく妻夫木家に一緒にいるようになる。

妻夫木は自信に満ちあふれており、ゲイであることを気にしないと言う。綾野剛はどちらかというとおとなしく自信なさげだ。

あるとき妻夫木が「俺お前のこと信じてないからね」というと、「信じてくれてありがとう」と綾野剛が答える。

その言葉に妻夫木は嬉しそうに笑う。

嬉しさからか、妻夫木は母親(恐らく唯一の肉親でホスピスで死を待っている)のところに綾野剛を連れていく。

自分の大切な家族に会わせる、という行為は信頼の現れだろう。

それからというもの、綾野剛は自分の母でもないのに妻夫木の母親の話し相手になってあげる。

信じてもらえたお返しだったのかもしれない。

結局、母親は最期を迎える。最期の場所には先に綾野剛がいた。

墓参りを終え、2人は一緒にお墓に入ろうか、という話をする。

「(ゲイの自分には)家族はもう出来ないだろうけど」と。それほどまでに妻夫木は綾野剛を信じていた。

f:id:STK1985:20160920000300j:plain

※出典:映画.com(怒り : 作品情報 - 映画.com

ほどなくして友人から妻夫木に「友人が泥棒に入られた。しかも2人。場所を知っての犯行だと思う」と電話が来る。

その電話を受けながら、綾野剛がカフェで妻夫木の知らない女性と話しているのを見かける。

その夜にそれとなく昼間いた場所のカマかけるが、綾野剛は嘘を言う。

堪えかねて「俺、女性といるの見たんだよね」と言うと、「なんでそんなカマかけるようなことするんだ」と言われてしまう。

確かそれからだったか、綾野剛がいなくなってしまう。

同時期に八王子事件がテレビで流れ、妻夫木は不安にかられ始める。

それでも帰ってこない綾野剛に電話をかけ続ける。何度掛けてもでない。ついに、ある日着信がくる。警察からだった※。

内容を聞かずに綾野剛が犯人だと思った妻夫木は電話しながら部屋を掃除し出し(指紋を拭き取る)、綾野剛のことは知らないと答える。

そう、彼は信じられなかった。自分の母親の最期に一緒に立ち会ってくれた恋人のことを信じられなかった。

お墓に一緒に入ろうとまで思えた相手のことを信じられなかった。

 

綾野剛がいなくなってほどなくして、妻夫木はカフェで綾野剛と一緒にいた女性を見かけ話しかける。

「彼を知りませんか? どこにいるか知りませんか?」といった内容のことを言葉にならないほどに焦って妻夫木は訊ねる。

「落ち着いてください。あなたのことは聞いていたわ。ゲイであることを隠そうとしないすごい人だって嬉しそうに話していた」

「彼とは孤児施設で育った兄妹のようなものだった。生まれつき心臓が悪くて、

薬で騙し騙しやってたけど。あなたに迷惑かけたくなかったんだと思う。最期はあなたの家の隣の公園で亡くなっていたの。彼らしいわ」と答える。

妻夫木は信じてくれた相手を信じきれなかった自分に対し、「なんで俺なんかを」と言いながら、何度も頭を振り号泣する。

そして心ここに在らずの状態で泣きながらカフェを後にする。彼には自分を信じてくれた人をもう一度信じるチャンスは残っていないのだ。その点で千葉編とは異なる結末。彼は悔やむだろう。でもこの先の人生は必ず人を信じるに違いない。命を懸けて信じることを教えてくれる人がいたのだから。

※警察は何度も着信のあった妻夫木に電話をかけていたのだろう。

 

 

▼沖縄編

広瀬すずは母親の都合(不倫?とかで男が変わるためいられなくなった)で本州から沖縄へ転校してくる。

同級生?の佐久本が運転する船で離島には移動してくる(遊びに来ていたのかな)。

その離島に森山未來がいる。廃墟となった家でバックパッカーとして生活していると彼は答える。

 

f:id:STK1985:20160920000328j:plain

※出典:映画.com(怒り : 作品情報 - 映画.com

あるとき、広瀬すずと佐久本は那覇へ遊びにいく。偶然森山未來と出会い、居酒屋で会話を楽しむ。

酔いつぶれた佐久本は広瀬すずが目を離した瞬間にいなくなってしまう。焦って後を追うが、米兵がたむろする場所に出てしまい、逃れるように公園へ行くが、後を追われており、レイプされてしまう。

佐久本はその場所にいたが動けないでいた。助けられなかった。

「ポリース、ポリース!」と誰かが叫び、広瀬すずは解放されるが、時既に遅し。

警察を呼ぼうとする佐久本に彼女は「誰にも言わないで」と懇願する。

佐久本は後日離島に行き、森山未來にそれとなく話をする。そして森山未來が佐久本の実家である旅館?で住み込みで働き始める。

自責の念に駆られていた佐久本は話を置き換え、森山未來に話をする。「俺は味方だからな」と森山未來は答える。

数日後、お客のバッグを放り投げている森山未來を佐久本が見つける。

「納得いかないことがあって」と森山未來は言う。「俺も広瀬すずがレイプされているところを見ていた」と言う。

「怖くて動けなかった。ポリースと叫ぶしかできなかった」と。俺もお前と一緒だと。佐久本は彼を信頼する。

 

その後、なぜか森山未來は夜中に暴れ、旅館をめちゃくちゃにして、離島へ逃げる。場所を知っていた佐久本は後を追う。

ハサミで顔を切ろうとしている森山未來。部屋には「怒」の文字。

佐久本に対し森山未來はレイプの現場を見ていたが、自分は楽しんでいたと答える。そう、彼は助けようとなんかしていなかった。

佐久本は裏切られた気持ちになり、怒りから森山未來をハサミで刺し殺す。

広瀬すずは後日そのことを知る。信じた人に裏切られ、助けようとした人は警察に捕まってしまう。怒りは怒りしか生まないのかもしれない。彼女はやりきれない怒りを海に向かって叫ぶ。

 

▼感じたこと

「よく簡単に人を信じられるな」と佐久本に対して森山未來が言っていた。

この発言から、彼は人を信用できないことがわかる。信じると裏切られる、という世界に生きて来たのかもしれない。

社会との接点がなく(実際独り言を家中に書きなぐっていた)、信じるということを知らなかったのかもしれない。

 

しかし松山ケンイチも、綾野剛も辛い人生を歩んで来た。彼らは逃げることなく、自分に向き合い、相手に向き合った。森山未來は自分にも相手にも向き合えなかった。

「弱かった」で片付けていいものなのかわからない。でも信じた松山ケンイチ綾野剛は強かったと思わずにいられない。

裏切られても、疑われても、相手を信じた行動をとった。そしてそれは裏切ったものに、残されたものたちを救うだろう。時間はかかるかもしれないが、確実に。